汗ジミが気にならないヨガウェア

普段市販のカップ付きトップスや、サルエルパンツなどを合わせてヨガを行っているという方は少なくありません。

通常のヨガトレーニングや、リラックス効果を重視しているヨガトレーニングであれば、このスタイルでも十分だとされています。しかしホットヨガやビクラムヨガなど高温多湿の環境でハードなポーズをとるヨガの場合、ヨガウェアが汗ジミで濡れてしまい、ベタついたり体が冷えてしまうなどのトラブルが起こりやすくなってしまいます。

そこでホットヨガやビクラムヨガを行いたいと思っている方には、厚地の素材を利用したヨガウェアよりも、薄地で汗をたくさん吸収し、速乾してくれる素材を利用しているヨガウェアを利用するようにしましょう。汗ジミが残ってしまうと臭いの原因となりますし、何より自分自身が汗で気持ち悪い思いをしてしまいます。集中してヨガトレーニングを行うためには、自分の着心地のよいウェアを用意することが重要になってくるので、これからヨガを始めるという方は、実際に受けるヨガの種類に合わせてウェアを用意するようにしましょう。

高温多湿の環境でおこなうヨガは、汗をたくさんかいて体の老廃物をしっかり排出するデトックス効果を目的としているので、通気性が高く吸汗速乾素材を利用したヨガウェアを用意しておくことが重要です。実際に購入する場合には自分のサイズに合っているものを購入する必要があるので、お店で実際に試着をすることをおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *