ヨガウェアはシンプルで耐久性があるものを

ヨガの中でも最も運動して汗をかきやすいのがアシュタンガヨガです。

どのヨガでも精神と体の結びつきが重要なのでヨガをしているときに集中できるかがヨガウェアを選ぶときに基本になります。

何もつけないような快適に体にフィットして、動きや邪魔にならないシンプルで動きやすいものがよいです。どんな動きにもきちんと付いてくれるサポート力が高いタンクトップや、脚裾が軽やかでシンプルで使いやすいカプリパンツはヨガウェアとしてもおすすめです。

色は自分の好きなものでよいですが、あまり自己主張をしない黒は女性の強さと華やかさも自然と演出してくれます。

気心地もよく動きやすく、色や柄で誤魔化すことなく自然体の自分に戻るためのヨガを手助けします。

デザインやフィット感、動きやすさ以外に、繰り返すポーズや洗濯にも強い耐久性に優れた素材かも確認ポイントです。ホットヨガでは、汗で重くなりにく素材のヨガウェアがおすすめです。スウェットは柔らかくゆったりして汗をたくさん吸ってくれますが、生地が厚いので汗を吸うと重くなって濡れると固くなって動きにくくなります。汗をかくと肌に張り付いたり、生地が固くなると膝や股関節も曲げにくく、肩甲骨も動かしにくいのでヨガの効果も下がりやすいです。

ホットヨガでは汗をかくので丈が短いものがよく。パンツは膝下や7分丈で、ふくらはぎにかかる程度だと汗をかいても重くなりにくく脚元も軽やかです。トップスは汗をかいても安心の透け防止素材を使っているキャミソールなどもよいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *