ヨガウェアはリラックスフィットが基本

普段はフィット感の高い衣類を好む人でも、ヨガウェアを選ぶときはややゆっくりとしたサイズ、つまりリラックスフィットを心がけましょう。

ファッションのサイジングにおいてはジャストサイズが基本とされています。しかし、背中や腰、手足など全身を伸ばしたり屈曲させたりするヨガをするときに、ジャストサイズのウェアを選ぶのは間違いです。

ヨガ初心者が、ヨガを始める前に購入したピッタリサイズのヨガウェアを、実際にヨガを始めて後で買い換える羽目になることも珍しくありません。

あらかじめ、余裕のあるサイズを選んでおけば無駄なお金を使わなくて済みます。ヨガウェアの素材についても注意が必要です。ジムウェアやランニングウェアなど他のスポーツウェアに比べて、ヨガウェアには高いストレッチ性が求められます。

生地を引っ張ったときに縦方向と横方向のどちらに対しても、よく伸びるのが条件です。店頭で選ぶときに、縦方向と横方向にそれぞれ軽く引っ張ってみて、伸縮性の高さを確認するのが理想的です。

生地の特性や編み方によっては、縦方向にはよく伸びるのにもかかわらず、横方向にはほとんど伸びないものもあります。横方向に伸縮しにくいと、体を捻ったときにストレスを感じるため、あまり好ましくはありません。

一般的なスポーツウェアには吸収した汗を素早く蒸散させる吸湿速乾機能が求められます。

しかし、ヨガは温度管理された室内で行われることが多く、大量の汗をかくわけではないので、ヨガウェアについては吸湿速乾性にこだわる必要はないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です